リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは

リフォームは老朽化した住宅や店舗を新築のようにきれいにすることを指します。外壁塗装やフローリングの張替えなどもリフォームに該当します。様々な不具合を改善することができるという特徴があります。

リノベーションとは

リノベーションはリフォームと違い、大規模な工事を行います。新築以上に機能性を高めるもので、内装や外装も大幅に変更することができます。部屋の仕切りをなくして広く使えるようにする工事も人気です。

どのような住宅にしたいか考えよう

老朽化した住宅を改善したいという場合は、リフォームをおすすめします。新築のようなきれいさや快適さを手に入れることができるため、自宅で過ごす時間も楽しくなるでしょう。リノベーションとの違いをきちんと理解し、専門業者にどのようにリフォームしたいか相談してみましょう。

リフォームのポイント

何を基準にリフォームするかということをまずは考えましょう。バリアフリーを目的とするのか、耐震性を強化するためのリフォームをするかなど、目的を決めておくことがポイントです。そうすると、どのような工事を行うかということがスムーズに決めやすくなります。

[PR]
中古マンションのリフォームを依頼

リフォームをするとどのように変わる?施工内容をチェック!

家

リフォームでできること

築年数や周りの環境によって、住宅は劣化したり傷みが目立ってきます。しかしリフォームをすることで、外観や内装をきれいにしたり、建物自体の強度も強くすることができます。最近は耐震リフォームも人気が高まっています。

得られるメリット

リフォームをすることで、住宅がきれいな状態になるだけではなく、家族に合わせたつくりにすることもできます。高齢者の方がいる家庭なら、バリアフリーに重きをおいて段差がないようにしたり、手すりを設置したりすることもできます。手すりを取り付ける場合、費用負担を軽減したいと思い自身で取り付けをする人もいるでしょう。しかし、自身で取り付けを行なってしまうと体重をかけることで外れてしまうことも考えられます。そうなってしまうと余計に事故に繋がってしまうので業者に依頼をするのがベストだと言えます。家族みんなが快適に過ごせる家づくりを目指して、どのようにリフォームするか決めましょう。

リフォームを依頼するときの流れ

まずは相談から

どのようにリフォームしたいかということを専門業者に相談しましょう。イメージが固まっていない状態でも、担当者と話しているうちに方向性が決まることもあるので、アドバイスを求めるのも良いでしょう。

調査・図面の確認

図面を見ながら打ち合わせすることができたら、より具体的な希望の聞き取りや業者からの提案ができます。また、実際に住宅を確認することで細かいところまで話すことができます。

見積もりを確認して契約

打ち合わせを重ね、どのようなリフォームをするか決まったら見積もりを出してもらいましょう。予算内の金額かどうか確かめ、納得できたら契約へと進みます。

施行・引き渡し

契約が済み、施工期間が決まればいよいよリフォームを行ないます。必要な手続きや近隣の方への対応も引き受けてくれる業者も多いので、負担が軽減できます。工事が完了したら、確認して引き渡しという流れになります。

広告募集中